管理人、「2018年上半期ベスト10映画発表」であります!

スポンサーリンク

お世話になっておりますw

そろそろ、というかほとんどギリギリですが、上半期の総括の時期ですので、この度発表いたします。

劇場映画

10位 マンハント

ジョン・ウー健在の朗報に歓喜した。
2丁拳銃もボートチェイスも健在w
福山雅治が大活躍してて日の丸の旗を掲げたくなった。

9位 悪女

韓国らしい野蛮で、血みどろなバイオレンス作品。
二キータみたく始まるが、韓国なので上品には行かないw
かなり暗い話だけど、お国柄が出ていて、最後まで殺気立っていた。

8位 ランペイジ 巨獣大乱闘

ノー天気なので、何の考えずに済んだ。
画面が元気いっぱいでよかった。
ゴリラも狼もやたらと巨大化して、獣なのか人間なのか分からないドウェイン・ジョンソンと大暴れする。
そんな狂った映画がつまらないはすがないのだw

7位 シェイプ・オブ・ウォーター

グロテスクすぎてファンタジックでもなければロマンティックでもない変態映画の極み。
精神のヤバいキャラクターと半漁人の関係が気持ち悪すぎて、独自の不快なセンスが垂れ流されていた。
ギレルモ・デル・トロの嗜好って本当にどうかしてるw

6位 マザー!

日本未公開だけど、まぁいいやw
ワケもわからず最後まで見入ってしまった。
何を見ているのか分からないのに死ぬほど面白いw
なんか作品のパワーが壮絶で凄かった。
凄すぎて笑っていいのか気絶していいのか迷ったw

5位 パシフィック・リム アップライジング

ロボットと怪獣が陽気にバトルしてて、とっても楽しい。
キャラクターも屈託がなくて気持ちがいい。
菊池凛子のカッコよさにシビれた。

4位 スリー・ビルボード

『悪魔のいけにえ』『ウィンターズ・ボーン』の系譜を受け継ぐ類型的なド田舎ディスり映画だと思っていたら、想定を外しまくってくるインテリなサスペンス・ドラマ。
キャラクターが第一印象を覆しまくり、脚本が面白すぎるし、ブラック・コメディとしてもセンスが秀逸でビビる。

3位 レディ・バード

シアーシャ・ローナンが最高。ありふれた題材で、ありふれたストーリーだが、シアーシャ・ローナンが達者すぎて一瞬たりとも飽きることがない。
一挙手一投足がすべてスペクタクル。
彼女の存在がアベンジャーズ3回分にも匹敵するエンタメなのだ。

2位 レディ・プレイヤー1

スピルバーグは本当に凄い。
スピルバーグじゃないと作れないし、スピルバーグならではの世界観。
面白すぎるし、最高すぎるし、感動しすぎた。
アドベンチャー映画の先駆者だけあるし、それでいて現実を見据えた冷静さがあって、そのバランス感覚がこの映画を大傑作にしている。

1位 アベンジャーズ インフィニティ・ウォー

まさかのまさかすぎる最新作。
冒頭からいきなりDCユニバース並にダークで、絶望が何度も押し寄せる憂鬱展開が圧巻。
本当にマーベルなのか?って何度も自問させてくるほどアベンジャーズがかつてない地獄な目に遭う。
ショックと興奮が半端ないので、1位確定。

Netflix映画

10位 なりすましアサシン

『モール・コップ』のケヴィン・ジェームズが本当の暗殺者だと間違われ続ける作家を夢見る冴えないオッサンを好演。
ヒロインがセクシーすぎ。
単純明快だが、よく出来ているし、お金もかかっていてそつがない。

9位 ベイルート

70年代から80年代にかけてのレバノン内戦という社会背景を基にした、迫力の政治スリラー。
フィクションだが、ほとんど実話のような面白さが楽しめる。
キャラクターも脚本も巧妙に仕上げられていて緊張感が抜群。

8位 サイコキネシス 念力

中年の冴えないオッサンが偶然授かった超能力で、娘の愛を取り戻すために奔走する話。
基本的にヒューマンコメディだが、サイコキネシスによるアクションも満載。
ストレートな作風だが、深みもあって、満足度は高い。

7位 ジェラルドのゲーム

1組の夫婦に降りかかる修羅場を描いた映画ではナンバーワンかもしれない。
スティーブン・キングらしい世界観で、悪趣味なセンスも楽しめる。
監督は今ホラーを撮らせたら間違いのないマイク・フラナガン。

6位 スペクトル

紛争で荒れるヨーロッパに、目に見えない正体不明の敵が出現して、アメリカ軍がコテンパンにされるSFアクション。
B級映画だと思ったら真っ当な大作。
SFな設定でありながら、ユニークな兵器やリアルなコマンドアクションなど戦争映画としての完成度が高い。

5位 ゲームオーバー!

ネットフリックスだからこそ作れた下劣で、下品で、モラルなんて一個もない超過激コメディ。
バカだと分かってはいてもなんだかんだと面白すぎるし、無修正のチンコが臆面もなく画面で暴れまわる映画なんて面白いに決まっているのだw

4位 オクジャ

食用豚なのにペット扱いされる映画。

色々なメッセージがあって、色々と考えさせてくれる。

ポン・ジュノの柔軟さやマジメさがちゃんと表現できていて、ハリウッド大作としても一級品の仕上がり。
エンタメと社会性がバランス良く組み合わされた見事な作品。

3位 呪われし家に咲く一輪の花

話も表現も怖すぎるのに、なんとも味わい深い文学作品のような雰囲気を持った心霊ホラー。
監督は元祖サイコ俳優アンソニー・パーキンスの実の息子。
その時点で何か運命を感じさせるし、実際にこの映画はメチャクチャ怖いw

2位 クローバーフィールド パラドックス

クローバーフィールドとは何なのかその答えに最も近づいた最新作。
宇宙でワケのわからないブラックなオカルト現象が起きまくってゾッとする。
パラドックスって怖いね。
ラストはビックリしすぎて笑うしかないw

1位 アナイアレイション 全滅領域

『エクス・マキナ』の監督・脚本アレックス・ガーランドによるブットンだSFサスペンス。
最初から死ぬほど怖いし、起きていることはすべてオカルトだし、気持ちが凄く悪くなる。

アレックス・ガーランドさんは思想が相変わらず暴力的で容赦がない。
そこに哲学も深まって、ビジュアルもストーリーも鮮烈な作品となっている。

昨今の『メッセージ』や『ブレードランナー2049』と並ぶ傑作SFだと断言。

・・・・・

以上のような素晴らしい結果になりました。

上半期も色々観ました。基本的に全部面白かったです。

下半期はミッション:インポッシブルもあるし、ジュラシック・ワールドもあるし、他にもサメのヤツとかオバケ屋敷のヤツとかいろいろあるので楽しみは増すばかりですねw

では、引き続きワールドカップをお楽しみくださいw

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。