『ジョーカー』

スポンサーリンク

ホアキン支持者としては見逃せませんでした。

ヴィランでありながらなぜかジョーカーさんがタイトルロールの主役映画。
こんな風に本気の長編映画として作られるなんて誰も思っていなかったし、望んでさえいなかったはずw

なんつっても、しょせんジョーカーですからね。
バットマン不在のジョーカーなんてただのつまらんジョークだろとw

正直、どれだけの人が興味あるのかってことなんですよね。

そこまで深掘りする理由がないからw

ジョーカーごときが主人公やっている時点で言語道断なのに、ホアキン・ファニックス様のような名優による名演技によって満遍なく表現されるというこの作品ね。
あまりに贅沢すぎw

でも、高い前評判もあって、劇場内は結構賑わってました。

結論としてこれは大傑作。

まさにジョーカー・オリジンみたいな聖なる内容で、結果的にはジョーカー誕生の歴史的瞬間を興奮しながら目撃してしまいました。

観る価値がありすぎ。
ホアキンによる芸術的な神業演技が傑出してて、彼はもはやジョーカーそのものでした。
ジョーカーはファンタジーなキャラクターだってもちろん知ってるんだけど、この映画を観る限り、彼はね、たぶんいるw

そう本気で納得させられるぐらいのリアリティを誇っている映画。
とんでもなくド迫力。

ジョーカーさんの恵まれない境遇って全然夢物語じゃないですからね。
蔑まれ、報われず、軽んじられる不幸な人生を、ホアキン渾身のジョーカー印認定な爆笑芸と満面の作り笑顔であらゆるシーンを展開させるのだ。

これがまたいちいち渾身で愉快にもほどがあったw
スゲー渾身ですからね。
あんな渾身なホアキンは見たことないです。
大必見。

ジョーカーさんは基本的にたぶん根っからのキチガイだけど、その感情にはどっぷり共感しまくりました。

素晴らしいなと思ったのは、ちゃんと殺す相手を厳しく選別する力ですね。
ジョーカーさんに殺されるのは、一般的な感覚でも不快な奴らばかりなので逆に痛快でさえありますw

心無く、無神経な人間による他者への迫害、侮蔑、無関心、嘲笑。

そこにジョーカーさんが社会的復讐を仕掛けてくる。
実は裏バットマンなんじゃないかって思ってしまう活躍ぶりに心高ぶるw

ゴッサムシティってゆー架空の都市だって格差社会や貧困という土台の社会構造はそのままオレらの社会だし、心の内では世の中への不平不満や怒りを抱えながら、日々の生活費の支払いに追われる現状に甘んじるしかない無力な小市民が細々と暮らしてる。

そんな抑圧された民衆が秩序に混沌をもたらす。

ジョーカーさんが内に秘めていた暴力性や狂気は、名もなき多くの強大なネガティブパワーによって後押しされて、「ジョーカー」として正式に開花してしまうのだ。

だからね、ラストは震撼。
なんかやたらと感動的で、ジョーカーさんに一生ついていくって思ってしまったw

しかも、ジョーカー聖誕と同時に対なるバットマンが生まれるという哀しき運命に震えた。

多くの人に訴える普遍性を持ちながら、ちゃんとバットマン作品の1本としても立派に成立しているというのが素晴らしい。

『ジョーカー』は社会的弱者を救済できない地獄なシステムの中で、人に対して残酷で、不寛容で、余裕の無い現代を冷徹に見据えつつ、映画表現としては刺激的でパワフルな作品でした。
ダークで、暴力的なストーリーには身につまされる要素もふんだん。

鑑賞者に嫌悪と同情を同時に生ませてくる複雑で、人間的な「ジョーカー」という存在は、とてつもなく呪われているが、どこまでも魅力に尽きない。

アナタもぜひ出会うべき。

この映画、マジ。
ジョークじゃない。

公式サイト

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。